気になるシワを取る

カウンセリング 美容整形のボトックスで薬を注射した後に副作用として、眼の違和感やまぶたが下がることもあるために気になる人もいます。施術後は定期的に医師の診断があるので、気になる副作用がある場合にはカウンセリングをして解消することです。

詳しく見る

美容効果の高い施術

注射器 美容対策としてボトックスは人気のある方法で、顔のシワなどを良い状態にできるため多くの人が利用しています。数万円程度で利用できる治療法ですが、施術を受けた後で副作用が発生する場合もあるので気をつけなければいけません。

詳しく見る

若返られる施術

エステティシャン アンチエイジング効果をできる限り簡単に手に入れたいのなら、ボトックス(ボツリヌス毒素)を注射してもらいましょう。もしも、副作用が心配なら、カウンセリングの時間に説明を求めれば、安心できるまでしっかりと教えてもらえます。

詳しく見る

注射をしたい場合

注射を打つ人

準備や目的はどうか

最近は、医療技術が発達しておりボトックス注射などが一般的に利用されるようになりました。ボトックス注射は、非常に副作用が少ないことで知られています。日本に入ってくる前はアメリカでボトックス注射がはやっており、副作用などの例も多く見受けられましたがそれから改良されて副作用が少なくなっています。日本に入ってくるときは、すでに副作用があまりない段階で入ってきましたので、何か問題が生じるようなことはめったにありません。もし、これから美容整形外科などに行って注射をする場合には、しっかりとした準備をしておく必要があります。まず事前準備としては、お金がどれぐらいかかるかをよく計算しておきましょう。最近は、カード決済をすることができますので財布の中にお金がない場合でも美容整形することが可能になります。ただ、同じ美容整形でもボトックス注射の場合には一本当たり\10000から\20000程度ですので本格的に注射をする場合でもそれほど高くなることはないでしょう。せいぜい\40000から\50000の請求程度になります。次に、施術前に気をつけておきたいことは無理な運動などをしないことです。駅から美容整形外科まで全力で走ったりすると息が上がってしまい血液の流れが速くなる可能性があります。ある程度ついている段階ならばよいですが、心臓がどきどきした段階で施術をすると止血に時間がかかってしまう可能性もあります。止血といえば、お酒を飲むことも避けなければいけません。お酒を施術をするその日に飲んでしまうと、なかなか血がとまらなくなってしまうからです。

副作用が少ないボトックス注射を利用する目的の一つは、例えば顔を小さくしたい場合などです。一昔前は、小顔にしたい場合は美容整形外科などではエラ削りを行っていました。エラ削りは、副作用が多いことで知られています。口の中からメスを入れて頬の部分の骨を削る大掛かりな作業です。しかも、部分麻酔ではなく全身麻酔を行いますのでその分身体の負担が大きくなるでしょう。しかも、正面から見た場合あまり顔の大きさが変わらない可能性が高いです。もともとエラ削りは、横顔を見た時に顔が小さく見える効果はあるものの、正面から見た時に顔が小さく見える効果はあまりありません。その一方で、ボトックス注射には正面から見た時に顔が小さく見える効果があります。たいてい人が鏡を見るときは、正面から見ますので大きな変化に気がつくでしょう。これを自分で行うのは非常に難しいため、美容整形外科などに任せておけば安心です。もう一つの利用目的は、アフターフォローがしっかりしていることです。最近は、アフターフォローを充実させている美容整形外科も少なくありません。副作用が出ることはめったにありませんが、必ずしも副作用がないとは言えないでしょう。もし、注射をして数日間赤いはれが引かなかったような場合にはアフターフォローが充実している美容整形外科に行けば無料で治療してくれます。あるいは、カウンセリングの時に事前に副作用が出る可能性があると指摘してくれるようなところもあるでしょう。このような場合には、事前に状況を把握することができますので安心して施術が可能です。このように、安心を気に入ることも、美容整形外科を利用する目的と言えます。