気になるシワを取る

カウンセリング

手軽にできる施術

顔にできるシワは20代では気にならないものの30代から気になりだし、40代ではスキンケアだけでは難しいと感じるものです。40代女性になると気になるシワでは、口の周りできるほうれい線やたるんでくる目元があり、自分で鏡で確認したときにショックを受けることも少なくありません。日本でも美容整形技術が普及して手軽にできるようになってきたことから、シワ取りにボトックスを使った注射をする人が増えてきました。ボトックスは薬を注射することで、緊張している筋肉の働きを低下させてシワを目立たなくすることができる美容整形技術になっています。シワを取るための施術をすると、いろいろと副作用がありますのである程度の知識と施術をしても大丈夫という理解をしてボトックスを受けることが大事です。起こる可能性があるのが頭痛や眼の違和感、まぶたが下がる眼瞼下垂があり、気になることがいくつか出てきます。薬の投入によって頭痛などが起きると心配する人もいますが、そのままでも収まってきますし、眼の違和感は見た目でもわからないので問題ありません。ただ眼瞼下垂は見た目でもわかることや人によって気になることもあるので、日常生活で気をつける点としては外出を控えるなり休みを取るなどの工夫をする必要があります。その他にも注射をした部位に痛みがあったり、赤くなっていることもありますが、こちらも目立たないことからいつの間にか痛みも引いています。副作用として「かゆみ」を訴えることがあるので、こちらもよくあることになり、施術をしたかゆい部位をかかないようにすることです。

女性にとって気になるシワを取るためのボトックスでは副作用がいくつかあるので、前もってカウンセリングをすることで理解することができます。カウンセリングでは美容技術に対して不安になっていることや知りたいことを質問をして、副作用をどうしたらいいのかを相談してみることも方法です。実際の施術をするときには、その日の体調に合わせて薬の量をコントロールしてくれますので、適切な量のボトックスを注射してくれます。実際の効果はすぐに表れないため2〜3日は様子をみる必要があり、約2週間後を目安に医師の定期診断を受けることで、経過を確認することになります。副作用が起こるのは、人によって違いがあり一度経験している人は、痛みやかゆみなど自分にどのようなことがあったのかカウンセリングで確認できます。副作用がなぜ起こるのかというと、顔の周りには毛細血管がたくさん張り巡らされているので、ボトックスによって血流が集まりやすいからです。そのために赤みがでてきたりかゆくなってくるので、本来備わっている人間の体内作用としては当たり前と考えていいことになります。もし日常生活を送っていて気になるくらい副作用があった場合には、ボトックスの施術をしたクリニックで医師に相談して対処方法を教えてもらうことです。定期診断まで待たなくても電話連絡を入れてカウンセリングの予約をすることで、本人が精神的に安心することもよくあります。さまざまなサービスを提供してくれる美容整形ですが、施術前後で不安になるよりも医師と話をして安心をすることがベストです。